「ソフトウェア」と「プログラム」の違い

「ソフトウェア」と「プログラム」の違いは、なんでしょうか?

似ているところは、どちらもコンピュータの中にいます。どちらも蹴っ飛ばせません。また、人によっては「ソフトウェア」と「プログラム」を同じ意味で使う人もいます。違うところは、まず前提として「ソフトウェア」と言った場合、ハードウェアの対義語としてのソフトウェアと、アプリケーションやOSを意図するソフトウェアと呼ばれるもの)があります。ハードウェアの対義語としてのソフトウェアは、パソコンの中に入っているもの全部です。プログラムもファイルもフォルダも含みます。
こちらの意味のソフトウェアをプログラムと混同することは無いはずです。今ほとんどの全てのことをコンピューターで行います。ビジネスからオンラインカジノまで全てパソコン一つあればできるのです。

アプリケーションやOSを意図するソフトウェアは、プログラムとの違いが紛らわしいかもしれませんね。こちらの意味のソフトウェアとプログラムの違いを以下に書いていきます。ソフトウェアとプログラムの違いは実際にお仕事をする本体以外を含むか否かだけなのです。プログラムは、実際にお仕事をする奴です。コンピュータの中が会社の事務所だとしたら、プログラムさんはそこで働く社員ですかね。ここで、考えてみてください。

software

 

会社は、会社と人間がいるだけで、ビジネスが成り立ちますか?

そんなことはありませんよね。例えば、ノートや鉛筆、あるいはパソコンや打ち合わせ用の資料等も必要なはずです。「ソフトウェア」と言った場合、プログラムさんはもちろんとして、それ以外の設定ファイルやデータを保管しておくファイル、各種ライブラリ等も含むのです。そして、そのソフトウェアの一部として、実際にえっちらおっちら働いている奴が「プログラム」です。そのお仕事をするために必要なもの一式をまとめたものがソフトウェアであり、その中の実際にお仕事をする人がプログラムである、と言っても良いかもしれませんね。プログラミングをする対象、プログラミングしたことによってできたものを「プログラム」と呼んでいます。自分が作っていないとしても「これは、誰かがプログラミングをしたから存在するんだろうな~」なものですね。

それ以外のものは基本的に「ソフトウェア」と表現しています。パソコンの中を会社の事務所として考えると分かりやすいと思います。
事務所の建物、机や椅子、事務所の設備が「ハードウェア」です。それ以外のものは「ソフトウェア」です。今ほとんどの全てのことをコンピューターで行います。ビジネスからオンラインカジノまで全てパソコン一つあればできるのです。

 

 
 

About the author

More posts by